「熟女」という単語を聞くだけでムラムラしてくる今日この頃に、居ても立ってもいられずおすすめの熟女系AV女優13人まとめあげました。レジェンドクラスの大物からひっそり人気のAV女優まで、「この女優なら間違いないだろう」というイチオシのおすすめ熟女を紹介していきたいと思います。

この記事では、

  • 40代のおすすめ熟女系AV女優
  • 50代のおすすめ熟女系AV女優
  • 熟女を余すことなく堪能できるエロサイト

を紹介していきますので、熟女が好きな方はぜひお付き合いください。

40代のおすすめ熟女AV女優10選

おすすめの40代熟女

以下では、誰もが知っているであろう熟女AV女優から、知る人ぞ知る熟女AV女優までを一挙紹介していきます。熟女好きの方はマジで必見です。

北条麻妃

北条麻紀は、2006年5月に「白川さゆり」という名前で AV デビュー。まだ新人だった時代から人気は大爆発し、デビュー年となる2006年には「最優秀女優賞」で5位にランクインしています。さらに2012年にはスカパーアダルト放送大賞の「熟女女優賞」を受賞。デビューから現在まで、人気がほとんど衰えていません。

彼女は、168cm の長身と D カップのおっぱいを活かし、痴女役、ドM役など、さまざまな役をこなしてきました。デビューから15年以上が経ちますが、体はいまだに引き締まっており、醸し出すフェロモンやくびれは一級品。セックスをしている時の表情や見せ方も魅力的で、「男心が分かってるなぁ」といった感じ。40代っぽさをあまり感じさせない至高のおすすめ熟女系AV女優です。

成宮いろは

成宮いろはは、38歳でタカラ映像専属女優としてAVデビューを果たします。趣味は舞台や映画の鑑賞で、特技は料理という一見どこにでもいそうな熟女。しかし、自身で「得意な体位は騎乗位です」と言い切ってしまうほどのセックス好きなんです。色気のあるエロい体で多くの人を魅了し、スカパーアダルト放送大賞2016では「熟女女優賞」も受賞しています。

AV デビューする前はエステ系の仕事をしていたということもあり、フェラや手コキといったプレイには高いホスピタリティが感じられます。そのため、彼女が出演しているマッサージ系のエロ動画はリアリティが高く、抜きどころが多いのでおすすめです。「さすが本職だ」と感心してしまうほどですよ。

風間ゆみ

風間ゆみは。1997年にAVデビューをしており、のべ2,600以上の動画に出演しています。2011年にはスカパーアダルト放送大賞で作品賞を受賞するなど、熟女系のジャンルだけでなく、AV業界のトップを担ってきた女優です。

デビューから20年以上経っているため、新人だった時からはキャラクターや顔つきも変化しています。ですが、熟女好きとしてはやはり今のルックスやスタイルの方が好みですね。デビュー当時と比べるとやはり色気やフェロモンが段違いに出ています。スタイルは、Hカップのぽっちゃり系(包容力のかたまり)。おっぱいの迫力については言うまでもありません。40代ともなるともう少しおっぱいも垂れてくるものですが、彼女はハリや弾力を維持しています。女優としてのプライドと鍛錬があってのものなのでしょう。

キャリアの長さもあって、フェラや手コキのテクニックが素晴らしいのはもちろん。男性が興奮する仕草や気持ち良い場所を理解し尽くしている感じがします。じーっと相手の顔を見ながらする彼女のフェラはたまりません。乳首責めにも定評があり、それに特化した作品はかなりの売り上げ本数を誇ります。

大島優香

大島優香は2015年、マドンナ専属の女優としてAVデビューを果たしています。女優になったきっかけはスカウトですが、以前からAV業界には興味があったそうです。初めてのオナニーは小学6年生で、初体験が中学2年生という性の目覚めの速さ。AV業界に興味があったというのも頷けます。

また彼女は音楽大学の声楽科を卒業しているということもあり、喘ぎ声の魅力がズバ抜けています。アナウンサーや声優さんのように特殊な訓練をすることによって発する声が倍音の聞いた振動数になるそうです。意識的に声を出しているようには見えないのですが、男心を激しくゆさぶる何かがありますね。声だけで勃起ものなので、ぜひ作品に目を通してみてください。

相浦茉莉花(あいうら まりか)

相浦茉莉花は、2018年にAVデビューを果たしています。40代とのことですが、まだまだ新人としての初々しさが残っています。デビュー前はM性感のお店に勤務しており、約1,000人ものアナルを開発してきたのだとか。いわゆる前立腺開発のプロです。

また彼女も声に色気があり、その声を生かした言葉責めが最大の魅力と言っても良いでしょう。見た目はまだまだ30代前半といった感じですが、やはり上品なフェロモンと色気を放っています。痴女としてのテクニックを持ち合わせてはいますが「受け」もばっちり。クンニされるだけでブシャーっと勢いよく噴射する豪快な潮吹きは見るものを圧倒。

巨乳(Fカップ)の持ち主でありながら、全体的なプロポーションもかなり整っています。ウエストは64cmと公表されているのですが、そこまでふとましくは見えません。むしろ、適度な肉付きが彼女の体をより一層エロくさせています。Mっ気のある可愛い人妻役にも定評がありますが、やはりM性感時代のキャリアを活かしたドS系人妻が似合いますね。はっきり言って最高です。

井上綾子

井上綾子は、2014年にAVデビュー。同人誌を自ら作成し、発行するというオタクな一面を持ち合わせたAV女優です。その辺にいそうな普通の綺麗なおばさんって感じがリアリティがあっていいんですよね。

スリーサイズは、上から83、62、86とスレンダーな体型。目元がキリッとした美人ですでありながら、素人っぽさを感じさせるような柔らかい雰囲気が特徴的。彼女を見ていると「いじめたい!」という思いが沸々と湧いてきます。体は細くて白いという印象が強く、 触りたくなる衝動に駆られるほど。いい感じに熟していて、男のイケナイS心をくすぐります。

正直なところ、テクニックに長けたAV女優ではありません。言うなれば、Mっぽい雰囲気があるので責められる系のエロ動画こそが彼女の真骨頂なのかもしれません。よりリアリティのある熟女AVを見たい時にはおすすめの女優さんです。

友田真希

2002年にAVデビュー。当時はまだ29歳でした。 デビュー当時から熟女系の作品に出演することが多かったのですが、やはりまだ若さが残っていましたね。やはり、48歳となる今の彼女の方が良いです。デビュー当時には無かった目元のたるみが熟女としての魅力をより一層引き立てています。

デビュー当時に公表したスリーサイズは、上から90cm、59cm、88cm。なんとHカップの持ち主なんです。デビュー当時に比べるとお腹も出てきているのでウエストはもう少しありそうですが、 だらしない体つきは良い熟女のステータスなので問題ありません。彼女、 セックスをしているときの艶やかな仕草や色っぽさのエロさは素晴らしいんです。さらには人妻を演じているときの表情や演技にも定評があり、リアリティを求めるファンからの支持も得ています。

2010年に一度引退してブランクがあるものの、およそ10年を超えるキャリアがあるため、 見せ方やプレイの幅には目を見張るものがありますね。痴女やM女はもちろんのこと、レズや変態プレイまでをこなしますから、ファンが多いのも頷けます。

川上ゆう

川上ゆうは、2004年にAVデビューを果たしています。今ではすっかり熟女系AV女優として有名になりましたが、デビュー当時はロリ痴女として名をはせていました。キャリアが長いということもありますが、

  • サン出版最優秀主演若妻大賞
  • スカパー!アダルト放送大賞熟女女優賞

など数々の賞を総なめしています。彼女の魅力といえば、完璧なプロポーションと演技力でしょう。プロポーションは上から85cm、59cm、87cmでDカップ。キュッとしまったくびれに程よいおっぱい。体に関しては本当に言うことがありません。加えて、高い演技力にも定評があります。ロリ系の痴女でしたが、今は完全にドM痴女。犯される演技をさせたら彼女の右にでるものはいません。

彼女の作品を見る際は、ぜひ調教されるシーンや犯されるシーンがある作品選を選んでみてください。嫌がりながらも快楽に落ちていく演技は胸を張っておすすめできます。

白木優子

白木優子は、2012年にAVデビューしています。格闘技好きを公表するほどのアグレッシブ系女優です。

デビュー当時すでに2児の母だったということもあり、人妻系の作品に多数出演。当たり前なのですが、見た目の人妻感がかなり強いです。そしてその「母の顔」が「女の顔」になる瞬間がたまりません。「2児の母」という事実も相まって、エロさがとどまることを知らないといった感じです。

また、2人の子供を産んだとは思えないほどのプロポーションも人気の理由でしょう。スリーサイズは、上から84cm、59cm、85cm、Eカップです。最近は、少し体型に崩れが見え始めているのですが、それがまたエロいです。小さめの乳首も良いですね。このおっぱいを旦那に吸われ、子供にも吸わせてた…なんて想像をすると余計に興奮してしまうのは僕だけじゃないはずです。

平岡里枝子

平岡里枝子は、2015年にAVデビュー。 キャリアはそこそこ長いのですが、まだ100本程度しか作品をだしていません。それゆえ彼女の作品はわりと希少です。

ここまで紹介してきたAV女優のほとんどは巨乳だったり、ふくよかなボディーの持ち主だったりするのですが、平岡里枝子は貧乳熟女です。 熟女らしい体つきというよりかは、スレンダーなお姉さんといった体つきですね。なのであまり40代には見えません。しかし、やはり熟女特有の色気があります。あと、忘れてはいけない彼女の魅力は、アソコの毛がかなり剛毛だという点。少し離れたところから見ても毛の多さは一目瞭然。白系やパステルカラーのパンツを履こうもんならクッキリと漆黒毛があらわになります。

まだあまり知名度の無い彼女ですが、「スレンダー系のエロ熟女が好きだ!」という人にはぜひともおすすめしたいAV女優です。

50代のおすすめ熟女AV女優

おすすめの50代熟女

50代好きのみなさん、お待たせいたしました。

五十路AV女優は本当に希少で、さらに「興奮する」「エロいと感じる」「抜ける」というのはほんの一握り。40代より更に熟れた女の魅力を持つおすすめ50代女優を余すことなく紹介していきます。

三浦恵理子

三浦恵理子は、2012年に人妻ドキュメントシリーズにてAVデビューを果たします。デビュー当時は「プロモーションの整った美魔女系のAV女優」として名をはせました。

かなりの美形なのですが、お高く止まったような雰囲気はなく、母親のような柔らかい雰囲気と笑顔が特徴的な女優です。温厚そうな雰囲気が特徴の彼女ですが、出演する作品は、いわゆる「ガンギマリ系」のものが多く、今までにも「え、そんな作品に出るんだ」と驚かされることが多々ありました。人妻系のジャンルではあるのですが、レイプものや調教ものなど、色々なジャンルで活躍しています。

デビューから約10年経った現在では、体型も少しずつふくよかになってきており、熟女好きな私にとってはドンピシャな女性になってくれました。テレビに出てくる大女優のような見た目なのでぜひ一度みてみてください。

翔田千里

翔田千里は、36歳のときに熟女系AV女優としてデビュー。現在は熟女らしさ溢れる豊満なボディですが、デビュー当時は大変整ったプロポーションでさまざまな賞を受賞しています。実は彼女、デビューしてから現在に至るまで、引退と復帰を繰り返しているんです。そしてその都度に発売される作品やベスト集が飛ぶように売れています。 引退してはファンに引き戻されるその様を見て「AV業界の大仁田厚だ」 と揶揄する人もいるのだとか。

熟女系AV女優の中で高年齢でありながら、トップの座をキープし続けているのはシンプルにすごいです。実際、彼女が出演している作品はデビュー当時から高評価が多い印象があります。レジェンド女優の一人であるといってよいでしょう。

一条綺美香

一条綺美香は、2012年に AV デビューを果たしています。見た目はスーツとメガネが似合うデキる女。しかし、メガネをとり男と乱れ合う姿は痴女そのものです。そんな彼女は、スカパーアダルト放送大賞では、メーカー専属のAV女優としては初となる「熟女女優賞」を受賞しています。その他にも、ソフト・オン・デマンドが主催するSOD大賞で「優秀女優賞を受賞」するなど、熟女系AV女優としてたくさんの功績を残しています。

また、彼女は中学生だった14歳の時に初めてのオナニーを経験し、17歳で初体験を済ませ、AVデビューまでに7人の男性とセックスをしています。そんな至って普通な経歴をもつ彼女が男の手により淫らにイキ狂う様子は必見です。

熟女好き必見!おすすめエロサイトBEST3

以下にて、「熟女好きにおすすめするエロサイト」をランキング形式で3つ紹介していきます。

勉強熱心な方はすでにご存知かもしれませんが、熟女好きにハマる専門サイトは多くはなく、ほとんどの場合どこかのサイトの一つのジャンルとして存在しています。ここでおすすめしているのは完全に「熟女専門」。あなたのツボにはまるエロサイトが見つかるはずですので、ぜひ最後までご覧ください。

【1位】パコパコママ

おすすめの熟女サイトパコパコママ

パコパコママに出演する女性は、個性的でいて素人感が強いです。出演している女性が全員キレイということはないのですが、それがまたリアルでヌキごたえがあります。ちなみに、素人だけでなく有名熟女女優も出演(北条麻紀など)。パコパコママの良い点は、

  • 素人系の動画を多数扱っている
  • 2,000本近い動画が公開されている
  • すべての作品が無修正(グロマン・美マン見放題)
  • サイトを運営している会社が有名なので安心できる

といったところです。パコパコママを運営している会社は「Dreamroom Productions, Inc.」というアメリカのロサンゼルスに本社を置いている大手動画配信会社です。そのため、クレジットカード番号を預けてトラブルが起きるようなことは考えづらく、安心してサイトの登録ができます。ちなみに、無修正で配信できるのは日本ではなくアメリカに本社を置いているからです。

おすすめの熟女サイトパコパコママ2
おすすめの熟女サイトパコパコママ3

ただパコパコママは有料サイトであるため、無料で視聴できるのはサンプルだけとなっています。月額は48ドル、日本円にしておよそ5,000円程度です。1日にしておよそ160円程度の出費となりますが、無料のエロサイトでは決して見れない希少な作品ばかりですし、画質も使い勝手も最高です。

これらの理由をトータル的に見て、パコパコママは圧倒的1位とさせていただきました。

ちなみに抜ける作品の多くは上級会員のプランでしか視聴できませんので、もし利用を検討するのであれば、はじめから「超VIP動画」がみれる180日会員を選択してまとめ払いするのがおすすめです。

【2位】人妻斬り

おすすめの熟女サイト人妻斬り

人妻斬りは、先ほど紹介したパコパコママと比べて出演している女性の年齢層が高いです。サイト内では、50~70代の超濃厚熟女のエロ動画が視聴できます。それゆえに希少価値が高く、さらには作品のクオリティが高いことから2位とさせていただきました。人妻斬りの良い点は、 

  • サイト内で公開されているエロ動画の本数が1,500本以上ある
  • ハメ撮り作品だけではなくストーリー重視の作品も配信している
  • 登録者にとってお得なキャンペーンやイベントが定期的に行われている
  • 素人が多く、デブ、ブスといったリアリティを感じるおばさんが中心
  • 幼妻、ミセス、妊婦など検索性がよくラインナップも豊富

といったところにあります。加えて、全作品無修正で安全性も申し分ありませんので熟女系のエロサイトをお探しの方はぜひ一度覗いてみてください。サンプル動画だけでも十分に楽しめますよ。

おすすめの熟女サイト人妻斬り2
おすすめの熟女サイト人妻斬り3

【3位】舞ワイフ

おすすめの熟女サイト舞ワイフ

第3位は、舞ワイフです。人妻系に目がない人であれば、ほぼ間違いなくご存知のサイトだと思います。舞ワイフの良い点は、

  • 支払い方法が多いので便利
  • 利用料金がお得(月額2,000円)
  • 動画で出てくる女性のレベルがかなり高い

といったところにあります。特筆すべきは、やはり「動画で出てくる女性のレベルが高い」という点。出演している女性は全員人妻なのですが、どの奥様も本当にキレイなんです。思わず「旦那はなんで放置してるんだ?」と家庭内の事情に踏み込みたくなるほど。動画の本数は500本前後で多くはないのですが、2,000円という安さなら納得ですし、コスパ面も優秀です。有料エロサイトですと大体5,000円くらいが相場ですから格安といってもよいでしょう。

支払方法は、

  • 銀行振込
  • ドコモ払い
  • コンビニ決済
  • クレジットカード
  • 楽天Edy
  • 楽天ペイ
  • Yahoo!ウォレット
  • ビットキャッシュ

など、さまざまな支払い方法が用意されています。ただ残念なところを言うと、「40代後半~60代にかけての熟女が少ない」という点でしょうか。40~60歳を熟女の黄金期という人もいますから、この点を残念に思う人も多いと思います。舞ワイフに出演している女性は、熟女好きから見るとまだまだ若いんですよね。とはいえ、きれいな熟女をみたいという人であればばっちりハマるかと思います。

なんなら、「これからお母さん頑張っていきます!」みたいなフレッシュ感すらもあります。ちょっと熟れてくる位が良いという方にはおすすめなのですが…。あと、作品には全てモザイクが入っています。これは国内の会社がアダルトサイトを運営しているので仕方のないことなのですが、「モザイクありなんて論外だ!!!」という人もいることでしょう。

無修正が好きな方は、上位にランクインしたパコパコママを検討してみてください!

おすすめの熟女AV女優と動画サイトまとめ

おすすめの熟女北条麻紀

この記事では、おすすめの熟女系AV女優と、熟女をこれでもかと堪能できるおすすめのエロサイトをご紹介してきました。

熟女系AV女優の楽しみ方は人それぞれだと思います。私は気分によって変わりますので「熟れかかっている熟女人妻のエロ動画見たい」という時には、『パコパコママ』を利用し、「熟れまくっててだらしない熟女のエロ動画が見たい」という時には、『人妻斬り』を利用しています。

人によって楽しみ方が違うからこそ、色々なサイトがあるわけなんですよね。「本当に世の中はうまくできているな」と感心しながら今日も私はおばさんでヌキます。